BLOGブログ
BLOG

電気工事士のメリットとは

2020/07/28

電気工事士の資格を取得することでどんなメリットが得られるのでしょうか?
紹介していきます。
▼電気工事士には2種類ある
電気工事士には、第二種電気工事士と第一種電気工事士があります。
第二種電気工事士は一般住宅や小規模の店舗など600ボルト以下の電気工事ができ、第一種電気工事士はビルや工場など500キロワット未満の
幅広い電気工事が可能になってきます。
最初は電気工事士の入門編である第二種電気工事士を取得することをおすすめします。
試験には筆記試験と実技試験があり、難易度はそれほど高くないので勉強しておけば合格できる可能性が高いです。
▼第二種電気工事士のメリット
・必要な受験資格などがなく誰でも受験することが可能
・1年間に2回受験することができる
・専門性が高くて求人が多い
・就職や転職を考えている際に有利
・手に職をつけられて長く働ける
・難易度が高くなくて勉強しやすい
・講習制度がなく資格の有効期限がない
・現場で経験を積んでさらに上の資格取得、独立を目指せる
・年収アップを期待できる
▼第一種電気工事士のメリット
・ビルや大型の工場などの工事ができる
・第二種電気工事士より扱える範囲の仕事が格段に広がる
・資格手当がもらえる
・独立できたり、転職をする際は早く就職先が見つけられる
・需要があって一生働いていけるなくならない仕事
・仕事にやりがいを感じられる
それぞれにメリットがあり、手に職をつけられて誰でも試験を受けることができる点から人気が高いです。
筆記試験と実技試験があり両方に合格することで資格を取得できます。
難易度の面からも基本的には最初、第二種電気工事士を取得してから第一種電気工事士への取得を目指すことをおすすめします。