BLOGブログ
BLOG

面接の日程変更したい場合

2021/04/01
面接日に急な用事ができたりして、やむを得ず日程変更をお願いしなくてはいけない状況になることもありえます。
そこで今回は、面接の日程変更をお願いする際のマナーについてお伝えします。

▼面接の日程変更の連絡をするタイミング
面接に行けないと分かった時点で、連絡をするのは一番良いです。
採用を担当する人は、他の就活生との面接・面談の予定調整を行っているので、少なからず負担がかかってしまいます。
ですので、すぐに連絡できない場合でもできるだけ早めに連絡をしましょう。

▼電話で面接の日程変更をする場合
・日程の内容変更を伝える
・変更する理由は誠実に話す
・変更する候補日をいくつか用意しておく
・日程変更を何度もしない

■日程変更の伝え方
・自分の名前を名乗り担当者に繋げてもらう
・担当者が不在の場合は、戻ってくる時間を確認しておく
・日程変更日を伝える
・お詫びとお礼を伝える
日程変更の電話後に、メールを1通入れると好印象に繋がります。

■電話をかける際の注意ポイント
面接の日程変更をするのは仕方のない事ですが、電話をする時間帯を考慮しましょう。
・午前10時~12時
・午後14時~17時
この時間帯を目安に電話をかけると良いでしょう。
なるべく朝一、お昼休憩時間、終業付近の時間をさけて連絡しましょう。

■メールで日程変更をしたい
日程に余裕がある場合などは、メールで連絡するのも良いでしょう。

▼マナーに気をつけよう
面接の日程変更をする際に、気を付けるべきマナーをご紹介しました。
就活生や転職活動をする人たちにとって日程変更は誰でも起こる可能性があります。
その場面に出くわしたときに、しっかりとマナーを覚えておけば、落ち着いて対応ができます。
マナーをしっかり守って、面接に挑みましょう。