BLOGブログ
BLOG

メールで履歴書を送るときのマナー

2021/08/05
最近では、履歴書をパソコンで作成したものをメールで履歴書を送ることも多くなりました。
そこで今回は、メールで履歴書を送るときのマナーについて紹介します。

▼履歴書を作成したらPDF形式へ
履歴書は作成したら、「PDF形式」に変換してから送ると良いでしょう。
■PDF形式にするメリット
・送り先のソフトの使用環境に関係なくファイルが開ける
・もしもの時の内容の変更を防ぐことができる
・プレビューと実際の印刷物の見え方が変わる
■履歴書のファイル名
採用担当者が一目でわかるように、日付・氏名を入れたファイル名にしましょう。
そうすることで担当者も誰からでどんな内容なのかと把握しやすいためです。

▼メールの文面・構成
・件名、宛先を入れる
・挨拶を入れる
・内容(用件を入れる)
・締めの言葉を入れる
・署名(氏名・住所・電話番号・メールアドレスを記載する)

■メールの件名は簡潔に分かりやすく
採用担当者によっては、1日何百通とやり取りしていることもあるので、メールがまぎれることもあります。
採用担当者や会社側が「何の用件で送ってきたメールなのか」分かるように、用件を簡潔にまとめましょう。

▼メールを送信する前に再確認をする
履歴書が完成し、すぐ送信ボタンを押したいところですが、もう一度見直しましょう。
・メールの件名・本文の内容・誤字がないか
・宛先は合っているか
・メールの本文の最後に署名がされているか
・履歴書に誤字脱字がないか
・メールに履歴書が添付されているか
※履歴書が添付されているかの確認は、一度ファイルを開いて確認しましょう。

▼最後に
履歴書を完成したことで、少し気が緩んでしまいうこともあるかと思います。
ですが、履歴書をメールで送るとき、もう一度「履歴書の内容」「メールの件名・本文」の確認をすることがとても大切です。
1回送信すると取り消しができないので、念入りに見直しをしてメールを送りましょう。