BLOGブログ
BLOG

面接で緊張しないための方法

2021/10/01
面接は絶対失敗したくない大事な場面。
しかし緊張から上手く話せなかったり、言葉につまって頭が真っ白になるという人は多いのではないでしょうか。
今回は面接で緊張しないための方法を6つ紹介します。
▼面接で緊張しないための方法
面接本番で緊張しないために、事前に準備をしておきましょう。6つの方法を紹介します。
■声に出して練習する
面接で話したい内容、伝えたいことを声に出して練習しましょう。
黙読より、声に出した方が覚えも良いですし、緊張していても自然に言葉が出るようになります。
また、発声練習をすることも声の震えに効果があるのでおすすめです。
■本番に近い環境で練習する
できるだけ本番に近い環境での面接練習は効果的です。
面接は質疑応答だけでなく、入室や退室といったマナーも評価されます。
本番で戸惑わないよう、動作の練習もしておけば失敗しにくくなります。
■できるだけ知らない人と会話する
面接は質問を理解し、的確な返答ができるか重要視されます。
タクシーの運転手さんや、ボランティアの方など知らない人と話すことはコミュニケーション能力を高め、的確な返答の練習もできます。
■場慣れする
全く知らない場所での面接は、緊張するものです。
企業の説明会に参加したり、一度面接会場に行ってみるだけでも安心感が違います。
■ルーティーンを作る
自分なりのルーティーンは、リラックスできる効果があります。
普段聞いている音楽を聴いたり、好きなお菓子を食べるなど習慣的に行っていることをするだけで緊張を和らげることが出来ます。
■深呼吸やストレッチをする
深呼吸やストレッチをするのもリラックスでき、体がほぐれます。
ストレッチをすると血流が良くなり、睡眠の質が良くなるので、緊張で眠れないことがある方におすすめの方法です。

今回面接で緊張しないための方法を紹介しました。
これから面接を控えてていて緊張しやすい悩みがある方は、是非参考にしてみてください。